文字入りシーグラス

ガラスに印刷された文字が残っているシーグラスを見つけると、とてもワクワクします。


美しい宝石のようなシーグラスですが、文字の残っているものを見つけると元々は廃棄されたガラス瓶なのだなあと現実に引き戻されます(笑)

そして、ジュースの入っていた瓶なのかアルコールの瓶だったのか、はたまた醤油などの調味料が入っていた瓶なのか、文字の形や色などで想像を膨らませます。


日曜日に見つけたこの文字入りシーグラスは、どの国で作られて何に使われていたかということが全く分かりませんでしたが、あれこれ想像するととても楽しいです。



これは1年前に見つけたシーグラスです。

シーグラスとしては不完全なのでBからCランクのものになりますが、文字が刻まれているのでレアなものとして保存しています。


「SUKASEIYAKU」という文字が読み取れます。


製薬会社の薬瓶だったのかもしれません。製薬会社を検索してみると、「あすか製薬株式会社」という会社があることが分かりました。

たぶん、あすか製薬の薬瓶に間違いないでしょう。


このように限られた情報から製造元はどこか、どのような使われ方をされていたのか、などを探ることができるのがとても楽しいです。





次回もレアな文字入りシーグラスが見つけられますように…。



私のFacebookページです。もしよろしければ「いいね!」をお願いします。

https://www.facebook.com/mermaid9350/


Twitterもやっています。こちらのフォローもお願いします。

https://twitter.com/9Kumiko9350


作品も少しずつ販売しています。買っていただけると嬉しいです。

https://mermaid1.thebase.in


シーグラス工房MERMAID

シーグラス(ビーチグラス)とは、海岸などで見つかるガラス片のことです。ガラス製品が波に揉まれて砂や石との摩擦により角がとれて滑らかになり、自然の中で見られる石のような姿になったものです。 365日の半分以上を浜辺で過ごす私マーメイドがビーチコーミングで集めたシーグラスを中心に様々な漂流物を使ってアクセサリーを作っています。 もしよろしければお立ち寄りくださいませ。