連休は自然の中で

ゴールデンウィークも後半にさしかかりました。

私もカレも人混みや交通渋滞が大嫌いなので、毎年近場の自然の中でバーベキューをして過ごします。


去年と一昨年は山の中の川岸でバーベキューをしたので、今年は海でやることにしました。


肉を始めとする食材と網とトングとマッチを車に積み、到着したのはこちら。

着いてすぐに乾燥した木の枝や流木を集めて火をつけて燃やします。


30分ほどでとてもいい感じの「おき火」になり、網を乗せるための石を回りに置きます。

そして、肉を焼き始めます。


そう、私たちは一度も炭を買ったことがありません。

外で焼くお肉は本当に美味しいですね。


食べ終わったら、おき火が完全に白い灰になるまでの時間、貝殻やシーグラスを探しました。


そして、ここでバーベキューをした痕跡が残らないように石は元の位置に、そして灰は砂の中に埋めました。



今年も自然の中でのんびり過ごせてよかったです。

シーグラス工房MERMAID

シーグラス(ビーチグラス)とは、海岸などで見つかるガラス片のことです。ガラス製品が波に揉まれて砂や石との摩擦により角がとれて滑らかになり、自然の中で見られる石のような姿になったものです。 365日の半分以上を浜辺で過ごす私マーメイドがビーチコーミングで集めたシーグラスを中心に様々な漂流物を使ってアクセサリーを作っています。 もしよろしければお立ち寄りくださいませ。